機器の紹介

本機は、航空機装備品の開発段階で要求される防爆試験を行います。対象とする装備品が作動又は発熱により、周囲の爆発性ガスを誘爆しないことを証明するための試験を実施します。

主な仕様

メーカー名 株式会社羽生田鉄工所
型式 TBD
圧力範囲 減圧:101.3kPa(大気圧)~4kPa (100,000ft)
加圧:101.3kPa(大気圧)~180kPa
圧力調整可能範囲 同上 kPaレンジにて調整、調整精度:フルスケールの±1%
圧力降下時間 101.3kPa(大気圧)~4kPa(100,000ft)まで15分以内
圧力上昇時間
  • 4kPaから101.3kPaまで10分以内、高度降下100m/分(0.2kPa/分)以下に調整可能
  • 101.3kPaから180kPaまで10分以内
温度範囲 10℃~260℃
温度変動 2℃ (±1℃)
温度勾配 2℃ (±1℃)
空間温度偏差 2℃ (±1℃)
温度上昇時間 20℃~150℃まで90分以内
150~260℃までTBD分以内
指定パターン MIL-STD-810 511.4/511.5/511.6 procedure Ⅰand Ⅱ DO-160F/G section 9 これらの規格に準拠した防爆試験がプログラム運転及び手動運転できる。
騒音レベル at explosion: less than 65 dB
normal operation: less than TBD dB
内寸法 φ1.5m x 2m (60 inches x 78.5 inches)

機器の画像