機器の紹介

地上から上空までの気圧、気温、湿度を再現し、この環境下での航空機の装備品等の安全性・信頼性を評価する。

主な仕様

メーカー名 エスペック株式会社
型式 MZH-35S-H
試験規格 RTCA-DO160G Sec.24 CategoryB
気圧範囲 101.3kPa~10.7kPa(大気圧/高度52,000ft相当)
温度範囲 -70℃~100℃(大気圧)
-60℃~100℃(10.7kPa~大気圧)
湿度範囲 20%RH~95%RH
試験槽内 W1,500×H1,500×D4,000mm
試験槽外寸 W3,380×H2,835×D5,100mm
備考 耐スカイドロール性、試料スライドコロコン付

活用事例

  • 航空機搭載機器( JIS W 0812)
  • 民間航空機搭載機器(RTCA-DO160 Sec.24) 他
  • 温度高度試験、気圧変化を伴う環境試験に対応。

使用料金

  • 減圧を行わない場合(恒温・恒湿試験)
    6,600円(1時間)
  • 減圧を行う場合(着氷・高地試験)
    10,300円(1時間)
    110,000円(1サイクル)
    55,000円(追加の1サイクル)

依頼試験

  • 減圧を行わない場合(恒温・恒湿試験)
    50,800円(1件10時間まで)
    8,000円(10時間超)
  • 減圧を行う場合(着氷・高地試験)
    117,000円(1サイクル)
    58,500円(追加の1サイクル)

機器の画像

外観

詳細仕様

1.性能

圧力範囲 101.3kPa(大気圧)~10.7kPa(高度52,000ft相当)
圧力調整範囲 10.7kPa~101.3kPaレンジにおいてフルスケールの±1%
圧力降下時間 101.3kPa(大気圧)~10.7kPaまで15分以内
圧力上昇時間 101.3kPa(大気圧)まで5分以内(但し、手動大気導入弁による)
温度範囲 -70℃~100℃(大気圧)
-60℃~100℃(10.7kPa~大気圧)
温度上昇時間 無負荷・無試料・コロコンのみの場合
+20℃ ~ +100℃まで 120分以内(大気圧下)
質量負荷アルミ100kg・発熱負荷100Wの場合
+20℃ ~ +100℃まで 155分以内(大気圧下)
温度下降時間 無負荷・無試料・コロコンのみの場合
+20℃ ~ -70℃まで 120分以内(大気圧下)
質量負荷アルミ100kg・発熱負荷100Wの場合
+20℃ ~ -70℃まで 155分以内(大気圧下)
湿度範囲 20%~95%(大気圧にて)/20%~85%(10,000ftにて)
5℃~15℃において95%RH(11.6kPa_50,000ft)

2.寸法・重量 

試験室内寸 W:1,500mm×H:1,500mm×D:4,000mm
試験槽外寸 W:3,630mm×H:2,700mm×D:5,100mm
試験槽本体質量 約10,000kg

3.方式

圧力制御 連続PID制御
温度制御 乾球温度調節による連続PID、平衡調温方式
圧力および温度設定方式 定値設定およびプログラム設定
減圧方式 機械式真空ポンプによる減圧
昇圧方式 大気導入による昇圧
加熱方式 電気加熱器による加熱
冷却方式 機械式冷凍機による冷却
加湿方式 電熱式蒸気発生器による加湿

4.装備品

観測窓 ヒーター付 □450mm 正面及び左側面 各1個
室内灯 LED灯 2灯
ケーブル孔(左側面) (φ50mm)1個 (φ100mm)4個
熱電対端子(左側面) T熱電対用4P 2個
試料温度検出端 試験プロセス用 2個
その他 非常停止スイッチ、作業保安スイッチ、シングルタワー(パトライト)